2016年11月21日

しゅりけん

和歌山城で忍者から手裏剣をもらいました。

昨日は、どんぐりをたくさん拾いました。
地面に絵をかいてみたり、石ころを集めてみたり、走り回ったり。

立派に未来の踊り子です。
まだ踊りの練習はしてないけど・・・・。
来夏のデビューを目指します。


  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

未就学のお子様と一緒でも参加できます。
子どもさんは保護者の目の届くところで、阿波おどりと無関係な過ごし方をしていても構いません。
「気になるな」「やりたいな」と感じたら、感じた分だけ、阿波おどりを楽しんでもらえれば良いと思います。

見学・体験もお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、ホームページhttp://kisyuren.jimdo.com/へ。
電話でのお問い合わせは、090-3969-2239正瑞(しょうずい)まで。

  


Posted by きしゅうれん at 22:24Comments(0)連員・〇〇

2016年11月21日

和歌山城にて

本日、紀州連は和歌山城での練習日でした。
菊花展のテントがなくなって「こんなに広かったっけ?」と感じました。
和歌山城
↑↑練習中、不自然に抜け出して様子を撮影。


鳴り物(楽器担当)は2016バージョンの音合わせ。
中学生コンビは、「こうしたら?」と意見を出し合い二人の演目の振付を考えていました。


阿波おどり連の舞台での踊りは、舞台に出るメンバーが入れ替わりながら、曲調も変わっていきます。
全員で踊る場面もあれば、
男だけ、編笠だけ、ハッピだけという場面があったり、
男女ペア、中学生の二人(たまたまですが)という場面があったり、
さまざまです。

阿波おどりは、生演奏です。
「こんな曲がいいな」「もう少し早い方がいいな」と鳴り物と踊り子で話すこともあります。
踊り子の動きを見て、テンポを速めることもあれば、
鳴り物を聞いて、隊形移動をすることもあります。

みんなで一つのものを作り上げていく感じでしょうか。
夏が本番!というイメージが強いですが、秋も冬も春も踊っています。

     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

紀州連は一年を通して活動しています。
見学・体験もお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、ホームページhttp://kisyuren.jimdo.com/へ。
電話でのお問い合わせは、090-3969-2239正瑞(しょうずい)まで。


  
タグ :和歌山城


Posted by きしゅうれん at 00:00Comments(0)練習