2017年11月08日

阿波大絵巻

秋の阿波おどり。
徳島市のアスティとくしまにて。

2017.11.5
阿波おどり保存協会・合同連で、阿波紀州が参加しました。
アスティ

大きな舞台、
大きなモニター。
集団美。

普段の紀州連では味わえない特別な空間。


秋の阿波おどり~阿波おどり大絵巻~では、
徳島県以外の連によるコンテストがあります。
いつか・・・・挑戦したいです。
紀州連の仲間がもっと増えたら実現に近づく気がします。

紀州連は一年を通して活動しています。
見学・体験もお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、ホームページhttp://kisyuren.jimdo.com/へ。
電話でのお問い合わせは、090-3969-2239正瑞(しょうずい)まで。
  


Posted by きしゅうれん at 10:10Comments(0)阿波おどり用語

2017年10月17日

阿波おどり大絵巻

阿波おどりは、夏だけじゃないんです。
秋も徳島で阿波おどり。

11月3日~5日
アスティとくしまにて
『秋の阿波おどり~阿波おどり大絵巻~』
秋の大絵巻・ポスター

阿波おどりはもちろん
藍染めやLED工作などの体験
徳島ラーメンなどの地元グルメ
すだちや鳴門金時などの特産品の販売など
盛りだくさんのイベントですよ。
  


Posted by きしゅうれん at 17:17Comments(0)阿波おどり用語

2017年09月29日

踊りパンツ

男踊りは、浴衣をまくりあげています。
ハッピは、当然、たけが短いです。

なので、見えても良いように・・・・。
踊りパンツ
白い短パンを履いています。

足袋と同じく、いろんな生地の商品があります。
足袋と同じく、徳島で衣類を扱うお店でなら、たいてい売られています。  


Posted by きしゅうれん at 17:50Comments(0)阿波おどり用語

2017年09月27日

踊り足袋

男踊り、ハッピは足袋を履いて踊ります。
底には加工がしてあります。
踊り足袋
   ↑↑写真の撮り方が雑・・・・

靴みたいに厚みのあるゴム底の足袋もあります。
踊り方や好みによって選ぶんだと思う・・・・たぶん。
  


Posted by きしゅうれん at 00:00Comments(0)阿波おどり用語

2017年08月11日

笠紐

女踊りがかぶる編笠にとおす紐。

笠紐・女踊り

紀州連は、連長お手製のオレンジ色の紐を使っています。  


Posted by きしゅうれん at 11:11Comments(0)阿波おどり用語

2017年08月03日

真昼の阿波踊り

NHK.2017

NHK徳島放送局が会場になる
『熱演!真昼の阿波おどり』

紀州連は13日の2部に出演させていただきます。
  


Posted by きしゅうれん at 10:10Comments(0)阿波おどり用語

2017年07月29日

神奈川大和

2017年7月29日30日は、神奈川大和阿波おどりが開催されています。
大和2017
こんな風に、踊り込みの表がありました。

徳島阿波おどりよりスゴイんじゃないか?って思うくらいに、びっしりスケジュールに驚きました。
全国には阿波おどりを楽しんでる人がたくさんいるんだろうな~~。

和歌山でも阿波おどりを楽しむ仲間が増えるといいな~~。
紀州連は一年を通して活動しています。
お問い合わせは、ホームページhttp://kisyuren.jimdo.com/へ。
電話でのお問い合わせは、090-3969-2239正瑞(しょうずい)まで。


  


Posted by きしゅうれん at 23:42Comments(0)阿波おどり用語

2017年07月22日

小金井

徳島だけじゃないんです。
関東では、すでに阿波おどりで盛り上がっています。
小金井ポスター2017
東京都小金井市では、7月22日・32日が「小金井阿波おどり」。

18時からはライブ配信もあるんだそうです。
すごいな~~。
  


Posted by きしゅうれん at 13:46Comments(0)阿波おどり用語

2017年07月03日

おおかわ

おおかわ。
大鼓、と書きます。
片手で持ち、もう一方の手に張り扇を持って叩く。
カン高い音が鳴ります。
おおかわ
(この写真ではカッコよさが伝わらない・・・)
  


Posted by きしゅうれん at 22:22Comments(0)阿波おどり用語

2017年05月22日

こうせい

構成。
私たちのいう「構成」とは、「舞台での演舞」のことです。
徳島・アミコ

阿波おどりは、全員で一曲踊るのではありません。
男踊りだけだったり、女踊りだけだったり、全員だったりと舞台に出るメンバーを変えながら、
太鼓だけだったり、笛や三味線だけだったり、もちろんすべての楽器だったり、音色やスピードを変えながら、
一つの舞台を作り上げます。

徳島の阿波おどりでは、一日にいくつもの場所で踊ります。
舞台によって 持ち時間が異なるため、2パターンの構成を準備します。

生音だし、歌詞がないものが多いので、舞台上でのメンバー入れ替わりや合図のタイミングで 時間がずれてきます。
決められた持ち時間に合わせられるよう、舞台の大きさも想定しながら、夏に向けて時間を計っての練習も増えることになります。

  
タグ :構成


Posted by きしゅうれん at 08:08Comments(0)阿波おどり用語